幼児期お母さん達悩み事多い様ですね、お稽古や幼稚園選びや子育てや躾悩んでいる結構切りがない

意外と考えだすときりがない問題ですね

まず幼児教室行くべきか行かないべきか

考え方はいろいろありますね

音楽系か運動系か学習系かでも選択があります

うちは学習系なのでその視点から見れば

幼児期、子育てのアドバイスがしっかりしていないと効果がありません

脳にいい回路を作る時期なので、必要なのはお母さんの愛情です

それを厳しく出来るを求めてしますと

出来る様に見える子で、小学校3年で尽きてしまいす

いい回路を作るとは、吸収力いい回路、頭にしてあげる事です

今出来なくても、小学校高学年ではどんどん吸収するお子さんになります

だから、まず上手に愛情を伝える事が重要になります

ここの指導が上手くできないお教室は危険です

次にダダコネ期の乗り越え方が大事になります

ここも上手く指導できないお教室は危険です

小学校に行って落ち着きのない、集中力がないお子さんになります

次は、情報です、アウトプット執拗に求めるお教室は危険です

アウトプットの能力は、個人差がとても多きものです

だいたい8歳ぐらいで、揃ってくると言われています

そこの指導が的確にできている事が大事です

それをごまかす幼児教室は危険ですね。

噂の範囲内ですが、結構そんな教室があることを聞きます

お子さんの将来が心配になります

お母さんと楽しく、沢山の情報をインプットしていくのがいい回路を作ります

次に英語教育です

今英語教育が盛んになって、いろんな方法や情報が氾濫しています

私の経験では、8歳以降脳が出来上がってきてから英会話の勉強したお子さんが

スムーズに行っています。幼児期には、興味がお子さんにあるかないかで大きく差が出ます

英語は、入りやすいので出来る様に見える子もいますが

3年生からやれば1ヶ月で理解してしまうことを何年もかけてやっている様なものです

昔、年長の夏に、イギリスから帰ってきてお教室来たお子さんがいます

1年生まで、ネイティブの様に話していましたが、2年生では全て消えていますた

もちろん継続的に英会話教室に通っていてです。

どうも幼児期は、耳に英語が聞ける周波数域を残す事が大事で

3年生以降英会話の勉強をしたお子さんの方が後伸びています

音楽系は、五感を使うので脳にいいと言われています

無理にやらせるより、楽しくやる事が大事な様です

運動系は、幼少期しっかり公園遊びをやっておけばいいと思います

そして、興味を持ったスポーツをするのがいいのではないでしょうか。

次に幼稚園です

幼稚園で、音楽やスポーツをするのは楽しくやればすごくいいと思います

しかし、学習面では、アウトプット強く求められてしまうので

成長のゆっくりなお子さんには返ってデメリットになる事が多いです

そんな幼稚園に通わせているお母さんに聞いたら、小学校3年までは出来る子になると言っていました

それが分かっていて通わせるのは、少しでも出来る様にしたい親心なのでしょうが

将来伸びない子にする危険性があります。

学習は、お母さんと楽しくインプット中心でやる方が伸びるお子さんになります。

子育てや躾は他の時たくさんブログにアップしているのでそちらを見てください。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください
お電話でのご予約は下記から
℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

お子さんの個性は大事だけど、なんでも個性と片付けるのは危険だな、安心する言葉にしていません

最近きになるのは

お子さんの個性を大事にすることは必要です

お子さんの個性は、みんな違うし、それはそのお子さんの大切な才能だったりする

しかし、気になるのは、イライラしているのは個性ではありません

お子さんに対する関わり方が違っている事があります

駄々コネも個性ではありません

駄々こねは、自分の気持ちの切り替えに使っています

挫折感情の発散に使っています

それに気づいてあげられないと

気持ちの切り替えができないお子さんになります

ストレスの発散の仕方が解らないお子さんいなります

1歳過ぎから3歳の経験で、個性は決まってっ来ます

お教室で言えば、レッスンで動き回るのを

個性と片付けているお母さんがいます

そんな幼児教室も有ると聞きます

それは危険です

その頃お子さんが動き回るのは、好奇心を満足させるためです

長くても半年くらいです。

後は、駄々コネが上手く成立してないお子さんが

お母さん気づいてよで、やっている事が多いです

優しいお子さんなら、我慢の限界を超えてじっとしていられなくなっています

何かを持っていないと外出できないお子さんは危険です

泣くとすぐおっぱいで泣き止ませてしまったお子さんは危険です

小学生くらいで、落ち着きがないお子さんになります

それは、その子の性格になってしまいます

しっかり、お子さんの心を元気にする付き合いをすると

じっとしていられないお子さんが

実は落ち着いたお子さんだったということもよくあります

引っ込み思案で、何も出来ないと言っていたお子さんが

実は、すごい活発なお子さんだったという事もたくさんあります

お子さんの、気持ちに合わせた対応

お子さんの頑張りに気づいてあげる事が大切です

お子さんは、お母さんの期待に応えようと頑張ります

しかしまだ頑張り切れる年齢ではないので

イライラソワソワしていたり

すぐ泣いてしまったり

とにかく目的もなく動き回っているお子さんができます

それを個性だと思いたい気持ちは分かりますが

実はそれはお母さんが安心したいだけです

お子さんの様子を見ていれば

好奇心で動いているのか

イライラして動いているのかすぐ分かります

そのまま3歳を超えると、それが性格になっていきます

6歳を超えると、それが固定され治らなくなります

当然落ち着きがないので

小学校で、椅子に座っているのが苦痛で

勉強に身が入らなくなってしまったお子さんになります

せっかくの能力や個性を発揮できなくなります

もともと、イライラし続けているお子さんはいません

ソワソワ動きまり続けるお子さんもいません

お子さんの、気持ちに気づいてあげられなくて

限界を超えているお子さんです

指導が出来ない幼児教室は

それを個性だと説明するようですが

一番危険です

もっとお子さんの心を元気にするように

気持ちに付き合ってあげてください

お教室では、そこが一番後伸びに影響するところなので

徹底的に指導しています

別人の様に落ち着いたお子さんを見て

驚くご父兄もたくさんいます

1歳から3歳の時期を大切にしましょう

いい回路を作る基礎ができます

後伸びするお子さんの基礎ができます

そんな勉強会を個別でしています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

幼児期のインプットは大事だけど、アウトプットはお子さんのペースに任せた方が伸びるお子さんになる

いつも感じるのは

インプットしていくと

お子さんの脳は成長していく

そんな姿を見ていると

できるを見たいお母さんや

できるを見せたいお教室が増えてくる

せっかく非認知スキルを育てる時に

認知スキルを育てようとし始める

認知スキルを育てないと

できるお子さんに見えないから

いつのまにかイメージ脳を育てているのに

認知スキル教育に変わっている

アウトプットの回路の成長は個人差が大きい

だから出てくるのを待ってあげた方があと伸びるお子さんになる

小学生以降に、インプットとアウトプットを繰り返すことで

いい回路ができていく

幼児期に無理したお子さんは

小学生になってから勉強から逃げるようになる子もいる

楽しくインプットして、アウトプットはお子さんのペースでやっていたお子さんは

自然に覚えてしまうので

勉強が当たり前になっている

勉強が好きとか嫌いではなく当たり前に分かるものになっている

中学生まで通って来てくれるお子さんが時々いるけど

どんどん理解して、理数系の考えるポイントと考え方だけ教えてあげると

後は勝手に伸びていく、自分のペースで勉強していく

幼児で無理してアウトプットしてしまうと

その時はできる子になったように見える

だけど小学3年生で終わってしまう事がある

よく年長くらいで他の幼児教室から移動して来た生徒

なんでもできるように見えるお子さんがいるけど

小学生になると

自分で考えられない

覚えられない

勉強から逃げようとするそんなお子さんがいる

お母さんとお話をしてみると

前の教室で

先生にプレッシャーをかけられて

出来るを追求して

怒ってでもやらせる

そんなことをしていたようだ

幼児期はインプットを豊富にして

アウトプットその子のペースで

それより心を育てる

愛情をうまく伝えることの方が大切

そうすると

小学4年生ぐらいで出揃ってくる

それからはイメージの能力を使った勉強

見て覚える

聞いて覚える

一回聞いて理解する

そんなお子さんになっていく

少し前にも3年生までゆっくりのんびりしていたお子さんが

4年生から少しづつ伸びていったお子さん

しっかり北高に受かっている

やらされてきて3年生までできていた子の方が

ダメだったりする

やっぱり幼児期は非認知スキル伸ばして

小学生ぐらいから認知スキルを伸ばした方が

あと伸びていく

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

ダダコネをわがままと勘違いしている方が多い

非常に気になる事がある

自分のお子さんをいい子に見せようとする

言葉がけ

ダダコネを抑え

好奇心を抑え

自己主張を抑えようとする

人前だからいい子であってほしいと

思う親心、気持ちは分かりますが

やり方がちょっと違うなと思います

お子さんの心を動かす言葉がけが大事で

押さえつけるものではないです

色々なところで平然と言われるごまかし方は

お子さんの心を傷つけていることに気づいていない

しっかり導けば

自然にできるようになるのに

目先だけ考え

こうすれば泣き止むとか

こうすればおとなしくなるとか

その場しのぎの言葉が並ぶ

ちょっと時間はかかるりますが

お子さんの心に沿って

考える時間をあげれば

嫌な気持を理解してあげて

共感してあげれば

元気になるのに

そんな場面はたくさんあります

やっぱり、いい子を演じさせてしまうと

心が育たなくなります

1歳半から3歳ぐらいのお子さんは

自己主張と挫折感情から

ダダコネが増えてくる

せっかく心が成長し始めた

サインなのに

対応が大変なので

押さえつけようとごまかそうとしてしまう

決してわがままでしていることではないのに

心が成長して自己主張をしているだけ

好奇心を満たそうとしているだけ

だから、それにうまく付き合えば

自分で、いい悪いの判断ができるようになるのに

好奇心を満足させ

いけないことをしないようになるのに

4歳位まで付き合えば、

うまく自己主張に付き合えば

好奇心に付き合えば

格段に心が成長するのに

今を見ないで先を見て

お子さんの心と向き合って

お子さんの心が正しく成長するように

お母さんが、心のトレーナーにならなくては

お子さんの自我と自尊心と好奇心を

大切にした言葉がけが

お子さんの心を成長させます

そんな勉強会を一所懸命やっています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

幼児教育いつが適している?

まだまだ、なじみがすくないかな

幼児教育

20年お教室を開いていて

0歳から高校3年生までの

生徒を見ていて明らかに

0歳1歳から始めたお子さんが得

次に2歳3歳からもちろん目的によって違う

右脳(非認知スキル)の能力を伸ばしたいなら

0歳1歳が最適

左脳の能力を伸ばしたいなら

小学生からでもうまくいっている子がいる

やはり早ければ早いほど修正もしやすいし

インプット量も増えてくるお教室の立場で

言わしてもらうならもちろん胎教から

いろいろ考えても良く分からない

ならまずお教室に来て

無料体験レッスン・教室説明を聞いてみてください

一度体験してみるのも面白い

それから考えてください

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

やっぱり愛情を伝える効力は大きいけど、伝え方が間違っている方が多い

お子さんとかかわり方に悩んでいる方が多いことに驚かされます

それで一生懸命ブログを読んで体験に来てくれる方が少しずつ増えています

説明の入りもすごくいい

お母さんの性格もあるので

すぐ実行に移せる方と

悩み悩みやっている方がいます

お母さんがコツが分かってくると

見違えるようにお子さんが変わってくる

お母さんたちも、

自分のお子さんがみるみる変わるのに驚いています

イライラしてしまって何もできなかったお子さんが

集中して50分レッスンンを頑張っているのに驚いています

うまく愛情が伝われば

気持ちが分かってあげられれば

発散に付き合ってあげれば

当たり前なんだけど

しかし最近違うのは

しっかりブログで予習をしてきていただいているせいか

1ヶ月ぐらいで見違えるように変わっていく子が増えている

それには私も驚いています

やはり愛情をうまく伝える効力

気持ちを分かってあげる効力

これが絶大な効き目があることがはっきりわかります

ただお母さんたちがやり方が分からなかっただけなんだ

ということを、改めて実感しています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

「しつけ」を考えてみたので続きが書きたくなりました。

「しつけ」を上手くするというより

自己判断が出来るお子さんにしてあげるが正しいように思います

今お母さん達を見ていると

厳しい「しつけ」を受けた結果が

他の人から見たらどう思われるだろうが先に立っているように思います

それは、自分の才能を発揮する機会を奪います

子育てでは、お子さんの才能を奪う結果になります

人それぞれ感じ方が違います

自分の判断基準があればいいのです

みんなそれぞれの育った環境が違います

基本判断基準も違って来ます

簡単に言うと、自分の意見をどんどん言う方が評価される国もあります

逆に、協調性を持って控えめにする方が評価される国もあります

どちらが正しいか、考えるとどちらも正しくないと感じます

そこには、いろんな個性を持っているお子さんがいます

偏ってしまうと、どちらかの才能を潰しかねないからです

基準を持って来てしまうと、それに合わせようとする日本人の基本に翻弄されます。

まずは、3歳くらいまではなるべく自由にやらせましょう。良い事も悪い事も

そして、悪い事をした時は

「触ると壊れるよ」

「お友達が困っちゃうよ」

とどうなるか、感情的に教えてあげましょう。

やらせてあげられるものは。、やれせてあげて下さい。

どうしても、お店とかダメな時は

「触りたいよね、興味あるもんね、でもお店のものだから触れないんだ」

といって抱っこしてしまいましょう

4歳くらいになった、

「それは良いのかな」

「お友達困らないかな」

と質問してあげてください

気持ちを切り替えるのに時間がかかります

待てる時は少し待ってあげる

待てない時は、抱っこして共感してあげて説明しましょう

基準は、体裁を気にするのではなく

お母さんの良い悪いの基準でいいと思います

自分で考えることを覚えている子は、

その環境に合わせて考えることができるようになります

5歳6歳くらいになったら、

「いいのかな」と質問して

それでもダメな時はやりたい気持ちに共感して止めてしまいましょう

ここも個人差や心の状態で差が多きものなので

イライラしているお子さんは駄々コネが始まるかもしれません

それに付き合うと素直になっていきます

一緒に子育ての勉強していきましょう

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

意外と難しい「しつけ」

「しつけ」って何だろうと考えると

一人一人の取り方でどうにでもなる言葉

ちょっと怖い感じがする

公共の場で騒がないとか

順番を守るとか

見た目で判断することが多いような気がする

その時のお子さんの心はどうだろう

どっちかというと

親の都合だったりしないだろうか

それよりも

まず、お子さんが

何が良い事で、何が良くないことが分かること

分かるように教えてあげること

の方が大事なように思う

転ばぬ先の杖のように

やる前から止められてしまうと

やりたい好奇心は残り

いい悪いの理由が分からなかったり

判断ができない子になったりする

だから

小さい子の特権

何でもやってみる

いい事も悪い事も

だから、いい悪いの判断ができるようになる

当然そこには、親の手助けがいる

良い悪いを説明する

その次に大事なのは

正しいことはするけど

正しくないことはしない

それが当たり前になっていること

しっかりとした基準が

自分の中にある

自我がしっかりしていて

自分の判断で

良い事だからする

悪いことだからしない

それが出来たら「躾」だと思う

なんか多いのは

そんな子とされたら恥ずかし

それを躾の言葉を借りて

やらせない

お母さんの顔色見て行動になってしまったら

多分は

お母さんがいなければ

判断ができずに

何でもやりたいことするんだろうなと

思ってしまう

お母さんの前でも何でもする子なら

お母さんに愛されている自信があって

お母さんの前で好奇心を

何でも発揮できる子なら

きっと、良い悪いの説明できるけど

お母さん顔色を見るようになったら

何も知らないで終わる様になる

お子さんと一緒に考えられる

お母さんになったら

きっと、判断できるようになる

そんな風に思います

そんな勉強会しています

やっぱり

幼児教育は

できるできないの

左脳の能力を高めるものではなく

人間力を高めるものであってほしい

いつも、そんな事考えています

一緒に子育ての勉強していきましょう

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

いい子=我慢ができるは危険

どうも、いい子の連想が

我慢ができるが

多いような気がする

大変危険だと思います

我慢の先には

切れるがあります

我慢は無理をするということなので

我慢できる様な子に育てようは

無理出来る様な子に育てようです

結果できるのは、

大きくなった時切れやすい子になります

自己コントロールは

自我がしっから育って

自分の自我が

正しいか正しくないかを判断して

正しい行いをすることで

正しい行いを判断でき

行動できる子に

我慢は必要でないのです

無理していい子を演じる子に我慢が必要なのです

お子さんの心を

大変短絡的にとらえがちですが

ちゃんと導けば

お子さんの心は

とても優秀です

いい悪いの基準を導き

自分で判断して

自分でいい行動を

自然にできる子にしましょう

そんな勉強会をしています

一緒に子育ての勉強していきましょう

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

いい人に見られたい親といい子を演じるお子さんにならないようにしたいものです

頑張っているのに

なかなかうまくいかない

そんな事思っている方って

結構多い

勉強会をしていて時々感じることがある

周りからどうゆう風に見られているか

気にするお母さん

いい子に育ていると思われたいお母さん

いい人、できる人に見られようと

いい子育てとイコールじゃないよね

むしろ逆かな

自分のお子さんがいい子に見られなくても

自分がいいお母さんだと思われなくても

自分のお子さんを信頼して

子育てをしている方は

素敵だなと思う

いいお母さんしているよりも

お子さんの気持ちを分かって

共感して、導くお母さんって

素敵だなっと思う

なんか自分はこうしなければ

こんなお母さんじゃなければ

と決めているような

こんな子にしなければ

と決めているような

自分もお子さんも自由じゃないよな

大変な時

大変だよと、お子さんに言えてしまうお母さん

いいよね

大変そうなお子さん見て

頑張ってるね言ってあげられる

お母さんっていいよね

うまくいかなかったら

「ごめんなさい」

と言えてしまうお母さん

いいよね

もっと肩の力抜いたら

と思ってしまう

余分な神経使うなら

その時間

お子さんにあげて

一杯情報入れられるよ

遊びの中に

一杯情報入れた方が

楽しいよ

いつの間にか

色々知っている子になるよ

ああうちの子すごいって

きっと気づくよ

そんな子育っていいな

つくづく思ってしまう

一緒に子育ての勉強していきましょう

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます