伸びるお子さんにするには、幼児期の出来た体験の積み重ねが大事です

だだこね期をを上手に乗り切ったお子さんはお母さんに愛されて

いる自身を持っています。

そんなお子さんは、出来た体験の積み重ねがいい回路ができてい

ます。

そして小学生以降、集中力・持続力・思考力が育っていきます。

気を付けなくてはいけないのは出来ないと思わせない事です。

出来たら頑張ったを褒めて出来ないときは、頑張ったを褒めて教

えてあげて一緒に完成させて頑張ったを褒めていきます

一番いけないのは出来る出来ないを一生懸命聞く出来る確認

お子さんは本当に自信が出てくれば誇らしげにやってくれます

それまで待ちます

それに、他のお子さんと比べて出来ないとがっかりしたり怒った

りするとやはり自信のないお子さんになります。

お子さんの性格で少しでも出来るようになるとやってみせるお子

さんと完全に出来ないとやろうとしないお子さんがいます

それは性格なので無理させない事です

お子さんの性格によっても対応が変わるので詳しくは勉強会で指

導していきます

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

ラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の

大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えてい

ます。要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

情報が氾濫しています、いい言葉を書くことは簡単です、でも実践することは大変です。

最近感じるのは素晴らしいことを言う人は多い

幼児教室で言っても、素晴らしいことを掲げてたり言っていると

ころも多い

「心を育てましょう」「非認知スキルを育てます」「能力を伸ば

します」その通り大切なことです

でもどうやって、そこが指導できないと意味はないですよね

理論武装をしてなぜ大事かの説明ばかりで、どうやってがないの

です。でも多くの方は、その通り素晴らしいと思ってしまう

後で、「あれどうやって」わからない自分が恥ずかしく思う方も

いるかもしれませんでも考えてください、

そんなお題目みたいな指導なら本を読めばいくらでも書いてあり

ます。継続的に、心に寄り添って具体的なやり方が必要なのです

それがなければできないのは当たり前です

最近はなんか言葉に踊らされてしまっている

なんか良さそうに見えている

時代ですかね、表面しか見えない方が多くなってませんか

やはり、継続的な行動ができる事が大事で

それを、心の目で見る事が大事だと思います

素晴らしい言葉は誰でも言えます

その場しのぎの言葉も誰でも言えます

それが、瞬時に湧いてくる人が素晴らしい人ではないのです

最近の政治家を見ていても、選挙の時は素晴らしいことを言って

います。でも、実際にしている事はどうでしょう

「時間はかかるかもしれません」「直感的になるかもしれませ

ん」でも、言葉に惑わされない

心の目が必要な時代になっていくと思います

きっと、相手の行動を継続的に見ていればわかることも多いと思

います

たくさん話すと、だんだん見えてくることも多いと思います

やはり人間の基本は心です。心の目で相手の心が見えるといいで

すね。表現が抽象的になってしまいましたが今一番感じています

勉強会は、個別でひらています。

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

ラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の

大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えてい

ます。要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

なぜダダコネに付き合うのが大変なのか

今まで、いろんなお子さんを見て来て、中学生、高校生の伸びに

関わる事に1.5才から3才の駄々コネの乗り切り方が大きと感じま

す。ダダコネは、大切な、自己治癒力、心の自己治癒力なので落

ち着いたお子さん、つまり集中力のあるお子さんになるのです。

しかし、これに付き合うのにはお母さんの、覚悟がいる

「体力的な覚悟」「心の覚悟」ただ共感して寄り添うだけでいい

んだけどお母さんの心が苦しくなる事が多い様です

お母さんの子供の頃もっと自由なりたかった事を思い出してしま

い苦しくなる様です、そうすると多くの方は、かわいそうと言っ

て離してしまいます。そう自分の心が苦しいので、言い換えてい

るのに気づかないのです。多分自分が苦しくなっているのです。

自分の心が騒いでいることにそこに気が付くと変わってきます

お母さんが、今日もお子さんが元気に感情を出していると

そんな捉え方をしてくれれば楽になります

苦しがっている子を「ほっておくのがいいのか」

「抱っこして付き合ってあげるのがいいか」

考えればわかると思います

でも、お母さんの心がどうしても受け付けないそれは自分の心が

苦しくなるからなのです

ダダコネに付き合うのが苦手な方の多くはこんなところで悩んで

いるのです。

でも、お子さんにはいい子でいてほしい

そのいい子はお母さんにとってのいい子なのか(見た目お利口さ

ん)

お子さんにとってのいい子なのか(自分で良い悪いを判断して行

動する子)

よく考えてほしいのです

お母さん方にも乗り越えててほしいところです

ダダコネにゆっくり付き合いましょう。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

ラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の

大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えてい

ます。要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

ダダコネをダダコネと思いたくない方が多い(眠たくないいですよ)

1歳〜1歳半ぐらいから始まる「イヤイヤ」「ダダコネ」

「イヤイヤ」はわかりやすけど(自己主張の始まり)

「ダダコネ」はわかり難い(気持ちの切り替え発散)

どうもダダコネをする子にすると子育てが下手だと思っているの

かめんどなのか隠そうとする方が多いですね

何かと、モノで釣ったり違う方に気を持って行ってごまかそうと

一生懸命しかしダダコネは「正常な心の成長」です

「大切な自己治癒力」が働いています

うまく付き合ってうまく導いてあげれば「好奇心旺盛」で

「自我を発揮」して「自我で自分の心をコントロール」する子に

なるのにごまかせれてしまうと「心の成長が遅れる」こともあり

ます「吸収力の悪い子」になります

そこまでいかなくても「しつけのできていない」

「わがままで自分勝手な子」になりやすい様です

この時期「自我を発揮」して「自尊心を尊重」して「ダダコネに

付き合って」「自我で自分の心をコントロール」ができて

「良い悪いがわかっている子」にしてあげると

小学校で「落ち着いて」「しっかり集中」して先生の話を聞いて

行動が取れる子になります

そして小学4年生頃には「自分で吸収していく子」になります

なのでもったいないなと思うことが多いですね

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

ラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の

大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えてい

ます。要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

意外とわからないお子さんの本音

お子さんの気持ちを観れるようになると楽になります

意外と、お子さんがお母さんのために

「頑張っていること」「我慢していること」

普通は「ダダコネ」で「泣いて暴れる」のに我慢しすぎて

パンクしている子が結構いますね

でも、ちょっとしたきっかけで爆発するので、お母さんは、

何でこんなことでと思うようです

あまり理由がなくてちょっとしたきっかけの時の方を注意深く見

てほしいのです

多分いろんなこと頑張りすぎて限界を超えたからパンクして

「怒り出す」「泣き出す」つまり「ダダコネ」が始まります

そんな時ほどやさしく、抱きしめ「いつもがんばって、偉いね」

といってみてほしいのです

ほとんどのの子が「うなずいいて」「大泣き」します

それに根気よく付き合います。その怒りと付き合って頑張ってき

た事をほめて、30分ぐらい抱きしめてあげます

それを、繰り返すとお子さんが少しずつ変わってきます。

「感情が出てきます」「好奇心がでてきます」「やる気が出てき

ます」そして「穏やかになります」最も小さいお子さんは

「突然怒り出す」「落ち着いた行動する」が半々です

外では「落ち着いた行動をする」おうちでは「突然怒り出す」

が普通なのです。それが4歳過ぎていくと段々と「落ち着いた行

動」が多くなって行きます。小学生でずいぶん大人になったと感

じるものです。

それが逆に、だんだんお子さんが大きくなると

「お子さんへの要求ばかり」でお子さんと遊ばなくなり感情に

付き合わなくなって行きます。

「もうでできるでしょ」「もういい加減にできてよ」かな

もちろんできるよ元気ならでも「幼稚園も何かと気を使って大

変」家でも「ママのご機嫌うかがって大変」もう頑張れないよ

のサイン出していたのにお母さん気づいてくれない

友達と遊ぶのもいいけどでも「気も使って大変気をつかわず思い

っきりママとも遊びたい」と思っていることも多いのです

頑張っているご褒美に1日30分でもお子さんのペースで遊んで

あげたらきっとご機嫌で何でもできるよ

きっとそれをしてもらえなかったお子さんが、小学生になって

心の成長していない、落ち着きのないお子さんになって行くので

す。お母さんの前だけで、先生の前だけで良い子を演じる事を

一生懸命で後はやりたい放題ななったり、優しいお子さんだと

何をして良いか分からず「何もしない子」「出来ない子」になっ

ていたりしています。小学生になってからでは後は悪循環で大変

です

お母さんや先生に注意ばかり受けて何していいか分からなくなっ

ている子見かけませんか?

それが幼児期の付き合い方だと気づかないものです。付き合い方

や躾の仕方が間違っていたことに気づかずにお子さんを追い込ん

でいくのです。

心を育てるには、お子さんの気持ちを理解して共感して愛情を注

ぐしかないのです。

一度やってみてください

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

ラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の

大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えてい

ます。要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

自分で自分の心をコントロールして、いい悪いを判断するしつけ

最近は形だけ整えた躾、いい子に見える躾が多い様に思えます。

一言で「しつけ」と言っても「難しい」ものです。

しつけをしているのか「お母さんの願望を押し付けている」のか

「いい子を演じさせている」のか分からない方も見かけます。

いろんなお子さんを見ていると、いろんな親子を見ていると

「いい子をさせよう」とする親に「いい子を演じている子を頑張

るお子さん」が見えてくる。

それがしつけと思っているような気がします。

実際の躾は「自分で正しいか正しくないか判断して」

「正しい行動をし正しくない行動をしない」

そんな子にするのが躾だと思います

そうするためにはもっとお子さんの自我を育て、

その「自我で自分の判断で自分の心をコントロールする子」に

する躾が必要だと思います。

もっと自立した、「自分で考えて自分で判断できる子」にしたい

ものです。

親は、良い悪いを一緒に考えてあげたり教えてあげたらいいと思

います。そんな指導をしています。

「小手先ではなく」「手っ取り早くではなく」お子さんと一緒に

成長していく子育てのお手伝いをしていきたいと考えています。

そんな子育てが後伸びるするお子さんを育てるコツなのです。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

ラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の

大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えてい

ます。要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

泣くことは、大切なお子さんの自己治癒力

色々な所で良く見かける親子時々いる大泣きしているお子さんに

「お母さんも大変なの、お願いだから泣かないで」

「体裁も悪いし」でも、泣くには泣くだけの理由があります

それを「おっぱいでごまかしたり」「物でごまかしたり」

「怒って泣き止ましたり」

苦しさが全部お子さんの心に溜まっていきます

ごれが負にエネルギーの一つお子さんにとって

「ママ大変だよ」「苦しいよ」「疲れたよ」「寂しいよ」

だったりします

それをごまかすとお子さんは

「おっぱいで我慢するんだね」「それがママの願いなんだね」

「じゃ頑張る」「お母さんのためだもん」

そこから負の連鎖が始まります

結構小さなお子さんは、泣くことですべて処理しています。

「おなか減ったよ」「暑いよ」「痛いよ」「怖いよ」

「疲れたよなど」

お母さんに助けを求めています。

やさしく泣き止むまで抱っこしてあげましょう。

愛情いっぱい伝わりますよ。

でもお母さんの中にも、私もこうしてもらいたかったという心が

ふつふつしてできないときありますよね、

正直に話して待ってもらいましょう。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

ラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の

大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えてい

ます。要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

女のお子さんは子育て楽だけど、男の子は難しいものです

お教室で見ていると女のお子さんは、意外と普通に接していれば

上手くいくことが多い様です。お子さんの精神的強さによるので

中には女のお子さんでも苦労している方はいます

でも男のお子さんは、どうも勝手がわからず苦労しているお母さ

んが多い様です。男の子も中には強いお子さんがいるのでなんと

なく上手くいった様に見える子もいますが後で苦労すると言うこ

ともよくある様です。

基本的に、男の子はお母さが絶対で、嫌われないように一生懸命

それで疲れてしまっている子が多い様ですね。

それでダダコネが増えて悪循環にはまっています

女の子は、それが少ないから結構自由、精神的にも強いから結構

大丈夫の事が多い様です。性格にもよりますが一般的にです。

なので上のお子さんが女の子で、下のお子さんが男の子で

どうしたらいいか分からなくなっているお母さんが意外と多い様

です。

上の子は上手くいったのに、どうしたらいいかわからない

そんな声はよく聞きます

男の子が強くなってくるのがどうも中学生の反抗期くらいから

高校生くらいなので幼児期の付き合い方が大事になります。

なので、幼少期上手くいっていないと反抗期も上手く乗り越えら

れなく苦労している話はよく聞きますね。

基本は、意外と男の子は、特に幼少期は

「お母さんに嫌われないように一生懸命」

「ちょっと否定されて、自尊心が傷ついて立ち直れない」

もしくは「反発心で、ダダコネが始まる」

まだダダコネしてくれればいいけど優しいお子さんだと

「何もしない出来ないお子さん」になっている子もいます

経験的に言って、男のお子さんの強い子は2、3割かな

「否定されてイライラ」「怒られてイライラ」

落ち着きのないお子さんになっていくことが多いかな

特に男の子の「幼少期の付き合い方」で、伸びる子かどうか

落ち着いたお子さんになるかどか決まってきます

女の子でも2、3割はやはり弱いお子さんがいます

そんなお子さんも気をつけて子育てしないと後が大変です

そこで基本に立ち戻り「自我を尊重し」「自尊心を大事にして」

「好奇心に付き合って」「自我で自分の心をコントロールする事

を教える」「怒らない躾で良い悪いを教えてあげる」が

大事になっていきます。

そんな仕組みや方法を勉強会で説明しています。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

ラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の

大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えてい

ます。要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

動作を速く、判断力を良くするためにはどうしたらいいのか?

長い間、幼児教室をやっていて一番の問題点は「注意の多いお母

さん」これが非常に難しい

お母さん自体が無意識なので自分が注意が多いと思っていない

多分お母さん自体もそうやって育ってきたのだと思う

しかし注意が多いと「お子さんは明らかに自信がなくなる」

注意が多いと「あなたは出来ない子ね暗示をかけている」のと

同じなので「動作が遅くて」「処理速度も遅い」

「考える力がない」そんなお子さんが出来上がる

見ているだけでかわいそうになります

お母さんが無意識だから「また遅い」と怒られたり

「ちゃんと考えなさい」と怒られる

「また自信がなくなる」という悪循環が始まる

毎回勉強会をしても、また言われたで終わってしまうお母さんが

多いですね。なかなか気づいてくれない

小学4年生位になって、「先生のおっしゃていた通りでした」と

言われる事もあります。せっかくの幼児教育が勿体無いですね

気づいてくれたお母さんの子は明らかに変わるのに

出来ると喜んで、上手くいかなかったり遅かったりで怒られてい

たらそれこそ何を信じたらいいかわからなくなります。

あるお母さんは1年前のホームビデオを見ていて自分の注意の多

さに驚いて気を付けてくれました。そんなきっかけがないと

なかなか気づかないのだろうと思います。

それよりも、「これしてくれるかな」「これできるかな」と言い

って見守ってあげる、そして少しの頑張りを褒める

自由にさせておいて、「そうしたかったんだね」と共感して

「こうするともっといいよ」と教えてあげるだけでもお子さんは

変わっていきます。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

ラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の

大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えてい

ます。要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

いい子じゃなくて心を育てる事を考える方がうまくいく

色々な所で親子を見ていると不思議に思うことがあります

いい子を求めるお母さんが意外に多い

お母さんの気持ちとしては「恥ずかしいじゃない」

「いい子しててよ」「ダメなお母さんに思われるじゃない」

何て思っているのかな、そこはお母さんの気持ちよりお子さんの

気持ちを優先させたいものです。

良い子を求めても「いい子を演じる子になります」

「ごまかすことばかり上手になります」なので心は育ちません

元気が一番じゃないかな「子どもらしい元気」

子どもらしいって何と思ってしまうな、その子らしい元気

お子さんにとってはこんな風に思えてるかな

いい子ってなに、「いい子って何もしないこと」

いい子って、「ハイハイ」言っていること、

「そんなことしてたらおかしくなっちゃよ」

「何していいかわかんないよ」

いい子って何でしょう?

ただ自分で、「いいか悪いか判断して悪いと思うことをしない」

ことぐらいじゃないでしょうか?

そんなお子さんになれるように導くのが、親の役目じゃないでし

ょうか?

判断するには、経験が要ります。

良い事と悪い事やってみて、悪いことが分かっていく、

悪い事をしたらなぜ悪いのか理由を教えてあげれば良いのではな

いでしょうか。

それより「好奇心を育てて」「自我を尊重して」

「自尊心を大切にして」「やる気を褒めて」

「良い悪いを教えてあげて」そうやって育てたお子さんが

分別ある良い大人になるのではないでしょうか?

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

ラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の

大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えてい

ます。要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。