自我を尊重して自制心を育てましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加

いろんな所で見ていると

うまく自我が育っていないな

というより、うまくお子さんの自我の

対応ができていないなと

感じる事が多いです

叱るように言い聞かせるか

放任に、してしまっているか

簡単に言うと

手に余って、困っている感じです

自我と好奇心にうまく付き合っていると

公共の場では

お子さんは、あまり間違ったことをしません

しっかり場所を選びます

1日中いい子をするほど

理性が育っているわけではないので

小さいお子さん(4歳ぐらいまでのお子さん)

まだ好奇心も一杯

長い時間お買い物に付き合わされれば

当然おこれてくる

でもお子さんの自我の尊重した対応を

日ごろからしていれば

いざという時は

しっかり大人心を立て

大人のようにふるまってくれます

家に帰ると、突然子どもに戻り

甘えたり、怒ったりダダコネが始まったりします

自我を尊重する育て方を

時々間違えて

いいなりになっている

お母さんもいますね

それは確実にわがままになりますよ

自我はあくまでも

自分の存在のアピールなので

自分は何でもできるアピールなので

共感で済んでしまうこともあれば

話し合いで済んでしまうこともあります

少し様子を見て好奇心を満足させて

それから、説明(感覚的に説明します)して止める

そんな方法もあります

その場面場面で対応は変わりますが

基本はお子さんの自我を尊重した

対応、好奇心をつぶさない対応が必要です

そこに、お子さんは

お母さんに信頼されていると感じ

愛情を感じます

いい親子関係ができてきます

そうすると、公共の場では

しっかり大人心を立てられる

お子さんが現れます

ダダコネが激しくなるのは

お母さんの対応が違うよと

お子さんが教えてくれていると

考えてください

分からなくなったら

しっかり抱きしめるところから

やってみてください

なんかイライラしているお母さん

多いなと感じてしまいました

勉強会は、お子さんやお母さんの性格も考えて

個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます(特典付き)

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *