愛情を注ぐ為に次に必要なのは、共感つまり気持ちの代弁です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛情を注ぐのには「喜・怒・哀・楽」と書きましたが

その為に必要になるのは、お子さんの気持ちに立って話す事です

つまり、共感してあげる事、お子さんが大変だったなと思ったら

「大変だったよね、よく頑張ったね」

出来れば抱っこしながら言ってあげるのがいいですね。

お母さんに気持ちをわかってもらっただけで元気になるお子さんもいます

通常は、いろんなことの蓄積(複合)なのでなかなか代弁は難しいですが

「いつも頑張って偉いね」は間違い無いですね

しかしだいぶ詰まってるお子さんは「頑張ってない!」

とまた怒ります。要は怒りたいだけです。

それに付き合うだけでも愛情は伝わるものです。

根気よく勉強会とLINEの質問に答えています

今回LINEが不具合があって繋がらなくなっています

生徒さんは新しいLINE「EQWEL浜松」下記に登録し直してください

勉強会は、お子さんやお母さんの性格も考えて

個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

体験申し込みはここからもできます

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *