先日小学校の指導要領の改定の話を聞いてきました。根本は心の教育が必要と感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単に言うと、感じる力、考える力、自己解決力が求められる

そんな教育だと感じました。

今までの学力中心から、人間力中心に変わるという事だと思います

今までの経済が発展していたときは、言われた事を正確に早くこなすことが

評価された時代から、それはAIやロボットに置き換わり

人間しかできない、感じること、考える事、自己解決する力が求められる時代という事だと思います

EQWELが30年前から言ってきた事に一致します

20年前この仕事、幼児教室を始める時そこに共感したからです

そしてその基本が、親の愛情をいかにお子さんに伝えるかにかかっている事です

それを伝える事、理解して頂く事の大変さも分かっています。

突然小学校の教科書が変わったから変わるものでもないと思います

教える先生が買われるものでもないと思います

同じ様な理念を掲げる幼児教室も非常に増えてきましたが

中身を見ると、いい子に見える、できる子に見えるを追求するに過ぎません

お子さんの心を育てるのが一番難しいので、その様に見えるをしてしまっているのだともいます

まず教える側がしっかり理解する事が大切だと感じます

お子さんの心を育てることを掲げる幼児教室から

移ってくるお子さんのほとんどが

できるアピール、いい子アピールで実際には親が見ていないと何もできないしない

やはり、しっかり心を育てる指導ができていないのだと感じます

なので、この時期に関わる事のできる幼児教室の存在が大事で

教える側が、正しく勉強し理解して指導できる事が大事になると思います

まず心が育つから、感受性が生まれます、好奇心が生まれます、思考力が生まれます

だから自己解決力が生まれます。

その一番の基本が、親が上手にお子さんに愛情を伝えることだと思います。

その方法が一番難しい、一番思考力がいるとこだと思います

だから、見た目良い子、見た目できる子にしようとしてしまうのだと思います。

脳が完成するのは、0歳から8歳とも、0歳から10歳とも言われていますが

この時期の教育が、子育てが、一番大切だと感じます。

今心が迷子になっている大人が増えているのは

いい子を演じる事を教えられ、出来るを求められてきた結果だと思います

カウンセリングが流行っているのも、ニートが増えているのも

そんな所から来ているのではないでしょうか

やはり基本の、無条件の愛情をお子さんが感じる事のできる子育てで

好奇心旺盛で、感受性豊かなお子さんをお教室と一緒に育てていきましょう

そこに、思考力が育ち、自己解決力が育ちます。

勉強会は、お子さんやお母さんの性格も考えて

個別で行っています

メールやラインでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *