やはり幼児期に心を育てて、小学生以降伸びる子に(後伸びするお子さん)したいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

やはり幼児期に出来る子ではなく、小学生以降伸びる子にする

そんな子育てが大切だと思います

理想を言えば胎教から始めて愛されている自信を持って生まれて

くるのがいいと思います

遅くても「イヤイヤ期」の時期からしっかり「イヤイヤ」の対応

「ダダコネ」の対応

そこを勉強会や、日々のレッスンの時の指導で学んでもらい

お子さんに勘違いを起こさないようにしてしっかり「愛されてい

る自信」をつけて「自我を発揮」して「好奇心を発揮」して

その「自我で自分の心をコントロールする」ことを教えて

3歳までに心の土台を作ってあげると幼稚園でもお教室のレッス

ンでも落ち着いて集中力のある子が育ちます

そのためには日々のお母さんのお子さんとのかかわり方で決まっ

てきます

この時期の関わり方で脳の成長が明らかに変わります

先生のお話が「集中して聞ける」か「落ち着きのない子になる

か」が決まります。

お子さんを見ると大体どんなかかわり方をしてきたかが分かるも

のです。何とか5歳ぐらいまではある程度挽回できますが

それ以上になると挽回が難しくなります

よく5歳ぐらいで他の幼児教室から移動してくることがあります

が出来る様に見えますが小学生以降伸びません。

そんなお子さんは「いい子に見せる」のは得意ですが心が全く育

っていません。

お母さんもしくは怖い先生に「怒られないすべ」を覚えているだ

けで「いい悪いの判断が何も分かっていません」

そんなお子さんの心を育てるのに小学6年間かかったこともあり

ます。

3歳までに心の土台ができたお子さんはいつでも楽しくレッスン

やお勉強に取り組むようになります。

「やらされる勉強」ではなく「楽しむ勉強」になるので

頭に良い回路が作り上げられます。

8歳までに良い回路を作ったお子さんは小学生高学年以降伸びる

素地が出来上がるのです。

間違いなく「記憶力」と「処理の力」と「理解力」の基礎は出来

上がります。

年中、年長で思考力の基本を作り小学生で思考力を伸ばしていく

と小学4年生以降自分で勉強が出来る子に育っています。

この様に10年先を見据えた子育てを考えると幼児期は「非認知

スキルを伸ばす時」特に「心豊かにする時」だと思います。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

ラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の

大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えてい

ます。要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *