もう一度幼児教育を、23年の経験と最近の脳科学とで検証してみるとスッキリ見えてきました

このエントリーをはてなブックマークに追加

お子さんの伸び方や伸びる時期は非常に個人差があります

小学校低学年で伸び出すお子さん

小学校4年生くらいから伸び出すお子さん

この年齢くらいが一番多いようです

小学校高学年で伸び出すお子さん

それは、身体的成長が違うように

脳の成長も個人差が非常に大きいと言うことです

そこで焦ってしまった方のお子さんは、幼児期にしか得られない

「一回みて覚えてしまう」

「一回聞いて覚えてしまう」能力を身につけることができません

よくある、出来るを求める幼児教室から移って来られた方は

ほぼ当てはまります

お教室が求めるのでお母さんがお子さんに厳しく出来るを求めるためです

脳の成長が早いお子さんでたまにうまくいくお子さんもいますが稀です

幼児期にやらなければいけないのは

まずう「無条件の愛情をお子さんに感じてもらうこと」です

そうすると脳にいい回路ができる準備が整います

そこに、

「出来るを求めない楽しいインプットです」

「お子さんの好奇心を引き出すインプット」

「お子さんの達成感を引き出すインプット」

「お子さんの満足感を引き出すインプット」

楽しいインプットはいつの間にか回路になっています

それがはっきするのは最初に書いたように個人差があります

後は待ってあげる事です

成長は女のお子さんの方が早い傾向にはあります

しかし遅い女のお子さんもいます

早い男のお子さんもいます

なので周りと比較せず、自分のお子さんのペースで待ってあげてください

繰り返しインプットしたものは必ず回路になっています

なので早くからお母さんを外して、お子さんだけでレッスンをす

る幼児教室は危険があります。成長が早い子さんしか伸びないでしょう

お母さんが一緒にやるから、

「出来ることは自分でやる」

「出来ないことはお母さんのやっているのをみる」

その繰り返しがいい回路を作ります

お子さんは基本純粋なので無理にでも期待に応えようとします

それがいい回路作れなくしています

小学生くらいからお教室に入って

僕は出来るんだ、勉強大好きなんだと言うお子さんほど

実際は、新しいことを吸収できないお子さんになっています

自然にインプットしていたお子さんは

出来る出来ないにこだわらないので

当たり前の様にいろんな事が出来るようになって行きます

それが当たり前なので自分が出来ると思っていないお子さんの方が多いです

特に幼児期は、焦らずじっくり幅広い知識をインプットしましょう

しつけは、叱るものではなく、教えるものです

そしていい悪いを考えさせていくものです

感情的な表現で教えてあげて下さい

「すごいね」「かっこいね」「カッコ悪いね」「みんな困ってるよ」「みんな喜んでるよ」

そんな表現でお子さんは自分で考えます

しっかり勉強会をしますので安心してきて下さい

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会はお子さんやお母さんの性格も考えて個別で行っています

ラインでのリアルタイムでの質問にもお答えしています

当然ですが、勉強会や子育て指導、LINEによる質問も幼児教室の

大事な仕事と考えているので、お月謝に含まれていると考えてい

ます。要するに別途お金がかかることはありません

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みフォームこちらから体験予約して下さい

インスタグラムは

@eqwelhamamatu

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://lin.ee/6t69uKT

上記GRコードはラインにつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *