お子さんを信頼するところから子育ては始まっている

今まで、いろんなお子さんを見て来て、

中学生、高校生で伸びている子は

愛されている自信を持っている

何をしても

何を失敗しても

怒っても

泣いても

かっこ悪いとこ見せても

愛されている自信を

持った子は

お母さんに甘えて

ダダコネして

訴えて

元の自分に戻っていく

そんな子の大きな違いは

自立心を持ち

自尊心を持ち

自制心を持つ

好奇心旺盛で

探究心が強い

もっとも

そこには

お母さんという

素晴らしい

トレーナの存在がいるから

お母さんが

トレーナー(心の)

になれれば

お子さんに

大きな力をあげられる

そのためには

信頼して

依頼して

共感して

お子さんの心に寄り添って

一番大事なのは

お子さんを信頼して

待ってあげること

自分のお子さんなら

何でもできる

自分で乗り越えられる

自分で切り替えられる

そのお手伝いをすればいい

それが

トレーナーの仕事だと

割り切れることが

大事になる

私はそんなことを

勉強会で話している

一つ一つお母さんの

悩みを解決しながら

いいトレーナになる

方法を一番大切にしています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

形を整えるんじゃなくて、お子さんの気持ちをわかってあげると正しい行動をするお子さんになります。

「勉強を嫌がるんですけど」

質問される事が時々あります

まずは

「気持ちを共感しないとね」

答えて見ます

すると

「共感するとじゃ今日はやめよというんです」

と言われます

それは、共感じゃなくて

『言い分聞いてやるから勉強しろよ』

になっているからだよね

本当のお子さんの気持ちは

イヤイヤの奥にある

「今日こんな事があっていやだったよ、勉強どころじゃないよ」

だったり

「お母さん何にも分かってくれないから寂しいよう」

だったりしているんだよね

共感は本当のお子さんの気持ちを

慰めるためにやっていることだけど

本当がなかなかわからないから

今言っている言葉を共感する

確実なのは、お子さんは色々頑張っています

お母さんの期待に応えようと

だから「いつも頑張って偉いね」

「いつも頑張ってくれたありがと」

と声をかけるとほとんどのお子さんは頷く

もう少ししっかり付き合わなければ

本当の気持ちはわからないよ

「これだけ付き合ったんだから

もういい加減にやることやっていよ

お母さんだって忙しいんだから」

それが、お子さんいにはすごく良く分かるんだよね

それでは余計に意固地になるだけだよね

しっかりお子さんの心に寄り添えば

お子さんの心は元気になって

当たり前のように勉強もするし

頑張れるんだけどな

そうなれないのは

お母さんの目的が自分の思い通りに動かすことだから

お子さんの心に沿うことじゃなくなっているから

すれ違いが起きて

心のさぐりあい

そんな状態になっているんだよね

それにお母さんが気づかないから

最後怒って終わって

お子さんは「僕の(私の)気持ちわかって」になっています

そんな親子になると

何やってもうまくいきませんよ

もっとお子さんの本当の心に沿いましょう

気をつけなくてはいけないのは
気持ちを分かる事は言いなりになるこではないですよ
気持ちをわかって、正しい方に導く、
正しい判断のできるお子さんにする事です。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます


本当のお子さんの気持ちが分かると、子育てが楽になる。

意外と、お子さんが

お母さんに褒めてもらいたい

お母さんに愛されたい認められたいと思って頑張っている

そのために、お母さんの望みのお子さんのになろうと頑張っている

頑張り方は、お子さんの性格で変わってくる

頑張りすぎて、夜泣きが止まらない子

頑張りすぎて、落ち着きがない子

頑張りすぎて、ぬいぐるみやタオルが話せないこ

頑張りすぎて、何もできなくなっている子

頑張りすぎて、発語が遅れている子

いろんな現象が出てきます

それを解決すると

ほとんどが、1ヶ月くらいで解決してしまいます

お子さんの性格によっては、原因を見つけるのが難しいお子さんもいます

そうするともう少し時間がかかりますが、ほぼ解決できます

先天的に何か持っているお子さんは、軽減しているようです

そんな指導も、個別勉強会でお母さんと話し合いながら解決しています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

何か違いますね、4歳から6歳で出来るを見せるでは、後伸びする子にはなりません。

最近の幼児教室で多くは、非認知スキルを育てる

思考力を育てるとか、お母さんの喜びそうな言葉が並びます

実際そんなお教室に通っていた方に聞くと

文字が書ける、読める、綺麗な絵が描けるを一生懸命やらして

こんな上手になりました

それは認知スキルを、少し早く育てただけ

8歳で追いつかれる能力を早く育てただけです

つまりお母さんを安心させるお教室ですね

あと伸びするお子さんは

まず愛情が伝わっている

いい子じゃなくても、出来なくても愛されている自信がある

インプットが豊富で、それが今言える言えないは関係ないのです

そう出来る出来ないは、お子さんが勝手に満足したいそれをお応援するだけで

お母さんが、こだわりだすと途端にできる子を演じ出して

小学4年生で伸びなくなったとよく聞き話です

出来るを演じる限界点だと思います

それは、自分の満足のための出来るでなく

お母さんのための出来るを頑張らせた結果です

幼児期の教育の間違いです

幼児期は心を育て

自我を出して、自我を認めて、自制心を育てます

そして好奇心の延長に出来たの喜びがあります

お母さんに愛されるための道具ではないのです

お子さんは、お母さんの望むように頑張ってくれます

なので、お母さんの望みが

自我を出せて、自分で判断する自制心を育て

好奇心を、やりたいを応援して

出来たの経験を積み重ねてより好奇心が出てきます

誰のためでもなく自分の好奇心のためです

形だけを求める子育て、それを見せようとするお教室は

目先しか見えていないなと思えてしまいます

中学生・高校生・大学生のときどうなっていくか

そのためには、今何をしてあげられるかです

楽しく豊富なインプットがあれば今できなくても伸びるお子さんになります

伸び方、認知スキルは個人差の大き所です。

お子さんの成長・性格を踏まえた子育てが

本当に伸びるお子さんを育てます

そんな勉強会をしています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

お子さんの心のリセットで伸びるお子さんいなる

今まで、いろんなお子さんを見て来て、

中学生、高校生の伸びに関わる

1.5才から3才の駄々コネの

乗り切り方

大切な、自己治癒力

心の自己治癒力

頑張りすぎて

お母さんに、愛してもらいたく

疲れた心を

元に戻すためにする

イヤイヤ・カンシャク・ダダコネ

それにやさしく

共感して付き合う

いい悪いに関係なく

お子さんの、気持ちを共感する

そうすることで

お子さんは、ママに分かってもらえた

安心感で

悪態をついて

暴れて

大泣きして

元の自分に戻っていく

そこに、親子の信頼関係が

出来上がっていく

お子さんは

お母さんに愛されていたい

分かってもらいたい

それを願っている

だから共感して

付き合ってもらうだけで

ただそれだけで

元の自分に戻れる

本当の素直な自分

ゆっくり付きあってあげましょう

お母さんに取って

大仕事かもしれない

だけど

3歳4歳と

だんだん楽になっていく

信頼しあった関係になった子は

小学校4年生ぐらいから

勝手に伸びていく

だから、将来のための

投資だと思って

付き合ってください

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

伸びるお子さんにするには、幼児期の出来た体験の積み重ねが大事です

だだこね期をを上手に乗り切ったお子さんは

お母さんに愛されている自身を持っています

そんなお子さんは、出来た体験の積み重ねがいい回路ができています

そして、小学生以降思考力が育っていきます

気を付けなくてはいけないのは

出来ないと思わせない事です

出来たら頑張ったを褒めて

出来ないときは、教えてあげて一緒に完成させて

頑張ったを褒めていきます

一番いけないのは

出来るか一生懸命聞く出来る確認

お子さんは本当に自信が出てくれば誇らしげにやってくれます

それまで待ちます

それに、他のお子さんと比べて出来ないと

がっかりしたり怒ったりすると

やはり自信のないお子さんになります

お子さんの性格で

少しでも出来るようになるとやってみせるお子さんと

完全に出来ないとやろうとしないお子さんがいます

それは性格なので無理させない事です

お子さんの性格によっても対応が変わるので

詳しくは勉強会で指導していきます

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

伸びるお子さんにするには、やはり1歳半からの「ダダコネ期」

今まで、いろんなお子さんを見て来て、

中学生、高校生の伸びに関わる一番大切なのは

1.5才から3才の『だだこね期』の

乗り切り方だった

大切な、自己治癒力

心の自己治癒力

頑張りすぎて

お母さんに、愛してもらいたく

疲れた心を

元に戻すためにする

イヤイヤ・カンシャク・ダダコネ

それにやさしく

共感して付き合う

いい悪いに関係なく

お子さんの、気持ちを共感する

そうすることで

お子さんは、ママに分かってもらえた

安心感で

悪態をついて

暴れて

大泣きして

元の自分に戻っていく

そこに、親子の信頼関係が

出来上がっていく

お子さんは

お母さんに愛されていたい

分かってもらいたい

それを願っている

だから共感して

付き合ってもらうだけで

ただそれだけで

元の自分に戻れる

本当の素直な自分

ゆっくり付きあってあげましょう

お母さんに取って

大仕事かもしれない

だけど

3歳4歳と

だんだん楽になっていく

信頼しあった関係になった子は

小学校4年生ぐらいから

勝手に伸びていく

だから、将来のための

投資だと思って

付き合ってください

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

情報が氾濫しています、いい言葉を書くことは簡単です、でも実践することは大変です。

最近感じるのは

素晴らしいことを言う人は多い

幼児教室で言っても、素晴らしいことを掲げてたり言っているところも多い

「心を育てましょう」「非認知スキルを育てます」

その通り大切なことです

でもどうやって

そこが指導できないと意味はないですよね

でも多くの方は、その通り素晴らしいと思ってしまう

後で、「あれどうやって」わからない自分が恥ずかしく思う方もいるかもしれません

でも考えてください、

そんなお題目みたいな指導なら本を読めばいくらでも書いてあります

継続的に、心に寄り添って具体的なやり方が必要なのです

それがなければできないのは当たり前です

最近はなんか言葉に踊らされてしまっている

なんか良さそうに見えている

時代ですかね、表面しか見えない方が多くなってませんか

やはり、継続的な行動ができる事が大事で

それを、心の目で見る事が大事だと思います

素晴らしい言葉は誰でも言えます

その場しのぎの言葉も誰でも言えます

それが、瞬時に湧いてくる人が素晴らしい人ではないのです

最近の政治家を見ていても、選挙の時は素晴らしいことを言っています

でも、実際にしている事はどうでしょう

時間はかかるかもしれません

直感的になるかもしれません

でも、言葉に惑わされない

心の目が必要な時代になっていくと思います

きっと、相手の行動を継続的に見ていればわかることも多いと思います

たくさん話すと、だんだん見えてくることも多いと思います

やはり人間の基本は心です

心の目で相手の心が見えるといいですね

表現が抽象的になってしまいましたが

今一番感じています

勉強会は、個別でひらています。

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

なぜダダコネに付き合うのが大変なのか

今まで、いろんなお子さんを見て来て、

中学生、高校生の伸びに関わるのが

1.5才から3才の駄々コネの

乗り切り方だった。

ダダコネは、大切な、自己治癒力

心の自己治癒力

しかし、これに付き合うのには

お母さんの、覚悟がいる

体力的な覚悟

心の覚悟

ただ共感して寄り添うだけでいいんだけど

お母さんの心が苦しくなる

お母さんの子供の頃もっと自由なりたかったことを

思い出してほし

気づいてほしい

多くの方は、かわいそうと言って離してしまう

自分の心が苦しいので、言い換えているのに気づかな

多分自分が苦しくなっている

自分の心が騒いでいることに

そこに気が付くと

変わってくる

お母さんが、今日も元気に感情を出している

そんな捉え方をしてくれれば楽になる

苦しがっている子を

ほったらかすのがいいか

抱っこしてあげるのがいいか

考えればわかるよね

でも、お母さんの心がどうしても受け付けない

苦しくなるから

ダダコネに付き合うのが苦手な方の多くは

こんなところで悩む

でも、お子さんにはいい子でいてほしい

そのいい子は

お子さんにとってのいい子なのか

(見た目のお利口さん)

お子さんにとってのいい子なのか

(自分で良い悪いを判断して行動する子)

よく考えてほしい

お母さん方にも乗り越えててほしい

ゆっくり付き合いましょう。

勉強会は、個別でひらています。

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

ダダコネってお子さんの大事な自己治癒力

長い間幼児教室やってきて

何が大事かと聞かれたら

「1.5歳から3歳のダダコネの付き合い方」

と答える

ここをうまく乗り切ると

親子関係もうまくいく

ストレスの発散もうまくいく

落ち着いた子になる

集中力のある子になる

学習できる基本ができる

つまりいい回路ができる準備が整う

吸収力のいいお子さんになります

多くのお母さんは

あやすか

ごまかすか

物で釣るかしている

まずなぜダダコネが起こるか

原因はいろいろあるけど

大きなものは

脳の発育と

身体の発育のアンバランスからくる

能力の限界による

挫折感情

それがストレスになる

いわゆる

カンシャク

それをごまかされれば

そんなもの我慢しなさいと

教えていることになるから

常にストレスいっぱいで

切れやすい子になる

物で釣ると

それプラス

こうすれば、お母さんなんかくれる

買ってもらえる

になって、わがままになっていく

なので、共感して

付き合うしかないのです

付き合い方にはコツがあります

その子に合う

付き合い方を見つけてください

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます