ちょっと気になる小学受験指導

小学受験指導をしているお教室が

いくつかあると思う

でもやり方はみんな違う

お受験で必要だと思うのは

先生の言ったことを

理解して

行動に移せる

静かにしているときは

静かにしている

など、いろいろあると思うが

指導の仕方によっては

将来の能力を

犠牲にしているような気がする

知識を詰め込み

反復練習で

押し込む

いい子をしている練習をさせる

ようは

できるを演じさせる

いい子を演じさせる

これは、自分で考えない子が

育ちます

やらされているので

ずっとやらされないと

勉強しない子が育ちます

中には、パターン認識にハマる子もいます

すると、高校生になって

理数系が弱い子になります

それよりも

しっかり心を育て

自我を出して

自我で自分の心を

コントロールして

正しい行動ができるように導く

その上に

大量の情報のインプット

その情報を自分で使えるように

考える

言ってしまえば

正しい子育てをしていれば

それがお受験の対策

そんな教え方をしています

そうすると

自分で考え

自分で目標を持ち

自分で勉強する子が育ちます

すべての教育の基本だと思います

小学校に入ってもやる気に満ちている子が育っています

この辺が大事なような気がします

そんなお子さんが受かっています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室・浜松駅前教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

テレビでやってましたね、幼少期厳しいのは脳に良くないようです、。

幼児期に、肉体的暴力、言葉の暴力で脳にダメージを与えることをやっていました。

どうして、厳しく怒られながら育ったお子さんが

小学生高学年で伸びなくなっていくのかなんとなくわかった気がします。

問題行動も多いようです。

小学生受験でも、きびしき躾けて、叱って良い子を演じさせて受験に臨んだお子さんは

小学生高学年や中学生で伸びなくなっています。

当然しっかりしたお子さんを学校は望みますが

それは心が育って、愛情をいっぱい受けて心が育っているお子さんです。

良い回路ができ、思考力・記憶力・集中力など非認知スキルが育っていきます

そのためには、大量の良い情報も必要になります。

お子さんの気持ちに、共感しながら、良い悪いを教えていくと

自分で判断でき、自己コントロールできるお子さんいななります。

そんな子育てをお教室としていけるように指導しています。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます