何か違いますね、4歳から6歳で出来るを見せるでは、後伸びする子にはなりません。

最近の幼児教室で多くは、非認知スキルを育てる

思考力を育てるとか、お母さんの喜びそうな言葉が並びます

実際そんなお教室に通っていた方に聞くと

文字が書ける、読める、綺麗な絵が描けるを一生懸命やらして

こんな上手になりました

それは認知スキルを、少し早く育てただけ

8歳で追いつかれる能力を早く育てただけです

つまりお母さんを安心させるお教室ですね

あと伸びするお子さんは

まず愛情が伝わっている

いい子じゃなくても、出来なくても愛されている自信がある

インプットが豊富で、それが今言える言えないは関係ないのです

そう出来る出来ないは、お子さんが勝手に満足したいそれをお応援するだけで

お母さんが、こだわりだすと途端にできる子を演じ出して

小学4年生で伸びなくなったとよく聞き話です

出来るを演じる限界点だと思います

それは、自分の満足のための出来るでなく

お母さんのための出来るを頑張らせた結果です

幼児期の教育の間違いです

幼児期は心を育て

自我を出して、自我を認めて、自制心を育てます

そして好奇心の延長に出来たの喜びがあります

お母さんに愛されるための道具ではないのです

お子さんは、お母さんの望むように頑張ってくれます

なので、お母さんの望みが

自我を出せて、自分で判断する自制心を育て

好奇心を、やりたいを応援して

出来たの経験を積み重ねてより好奇心が出てきます

誰のためでもなく自分の好奇心のためです

形だけを求める子育て、それを見せようとするお教室は

目先しか見えていないなと思えてしまいます

中学生・高校生・大学生のときどうなっていくか

そのためには、今何をしてあげられるかです

楽しく豊富なインプットがあれば今できなくても伸びるお子さんになります

伸び方、認知スキルは個人差の大き所です。

お子さんの成長・性格を踏まえた子育てが

本当に伸びるお子さんを育てます

そんな勉強会をしています

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

伸びるお子さんにするには、幼児期の出来た体験の積み重ねが大事です

だだこね期をを上手に乗り切ったお子さんは

お母さんに愛されている自身を持っています

そんなお子さんは、出来た体験の積み重ねがいい回路ができています

そして、小学生以降思考力が育っていきます

気を付けなくてはいけないのは

出来ないと思わせない事です

出来たら頑張ったを褒めて

出来ないときは、教えてあげて一緒に完成させて

頑張ったを褒めていきます

一番いけないのは

出来るか一生懸命聞く出来る確認

お子さんは本当に自信が出てくれば誇らしげにやってくれます

それまで待ちます

それに、他のお子さんと比べて出来ないと

がっかりしたり怒ったりすると

やはり自信のないお子さんになります

お子さんの性格で

少しでも出来るようになるとやってみせるお子さんと

完全に出来ないとやろうとしないお子さんがいます

それは性格なので無理させない事です

お子さんの性格によっても対応が変わるので

詳しくは勉強会で指導していきます

お子さんの性格、お母さんの性格一人一人違うものです

だからやり方も変わってきます

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

1歳半から3歳ごろの「ダダコネ期」の付き合い方が間違って刺激不足になっているお子さんがいますね。

ダダコネ期には、自分の感情の切り替えのダダコネと

挫折感情等によるストレスの発散のダダコネがあります

どうもダダコネをダダコネと思わず

わがままと捉えやすいようです

まだ心の成長の未熟なお子さんの

最初の感情表現なので「イヤイヤ期」と同様大切な時期になります

ここでうまくダダコネに付き合うと

感情コントロールの上手なお子さんになります

ストレスの発散の上手なお子さんになります

当然吸収力のいい頭になっていきます

しかし、多くの方は何がダダコネで何がわがままか分からないと

おっしゃいますが、この年齢のお子さんにわがままはいないのです

脳の自己治癒力・自己防衛力が働いて起きているので

当然お子さんには必要な行動になります

それを理解して付き合うと

非常に落ち着いたお子さんになります

お子さんの成長の速さの違い

お子さんの性格の違いで対応が変わりますが

しっかり付き合う事でいい回路ができる準備が整うのです

そこでレッスンによる良質なインプットが

いい回路を作っていくのです

幼児教育は、心の育て方といいレッスンの両輪で成り立っていきます

そこをお母さんと一緒に取り組んでいくお教室を目指しています。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

中学生・高校生以降伸びるお子さんにするには、0歳〜3歳から始まっている

0歳〜3歳に愛情をしっかり伝えて

良い回路を作る基礎を作ります

しかし、愛情をお子さんに伝えるのは意外とむずかしいものです

お子さんの気持ちを理解して、共感して、しかし言いなりになるのではなく

良い悪いをしっかり教えてあげる、叱るのではなく共感して教えてあげる

1歳半〜3歳のダダコネ期もしっかり付き合うことが大切です

なぜダダコネが起こるのかしっかり勉強してもらい対応することで愛情が伝わります

ダダコネには大きく分けて2種類あります。気持ちのコントロールのためのダダコネと

頑張りすぎ(大きのは挫折感情)の発散をして、元の素直な心に戻るためのダダコネ

だから、ダダコネをうまく付き合うと、非認知スキル(やる気・好奇心・集中力等)

が育って、心が育っていきます

心を育てながら、良質のインプットをすることによって

頭に良い回路ができます。良質なインプットをただ楽しければ良いと考えている方もいますが

心が育ったお子さんは、新しいことすべてが楽しい情報になります

難しい簡単もありません。お母さんが難しいと思うことも楽しんでやってくれます

しかし、気をつけなければいけないのは、出来る出来ないは関係ないのです

情報を蓄える回路とそれを表現する回路は別物です

情報を蓄える回路は、0歳から8歳に特に活発に動いています

表現する回路は成長の個人差が大きい回路で6歳から8歳に鍛えるのが

効率が良いという方もいます

私も実際に子供達を見ていると、伸び始めによる中学生頃の差はないようです

5歳6歳から伸び始めたお子さんも7歳8歳から伸び出したお子さんも

高校入試・大学入試の時点では差異はないようです

それより、0歳から8歳の情報量で差が出ているようです

また0歳から6歳のお子さんとの関わりから差が出ているようです

その経験を踏まえて、しっかり年齢に合わせた心の育て方を指導しています

愛情の伝え方を指導しています、情報の入れ方を指導しています。

それがトータル的にうまくいくと

一回聞いて理解して覚える回路が出来上がるのです

そして非認知スキルが育ったお子さんが

その能力が有効に使えるようになるのです

落ち着いたお子さんは、当然先生の話がしっかり聞くことができます

好奇心が旺盛なお子さんが、やる気のあるお子さんになります

そんなお子さんを一緒に育てていきましょう。

個別の勉強会とラインを使ってフォローしています。

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます