以外とお子さんの状態が見れない方が多いですね、毎日一緒にいるから分かりにくいのかな。

お教室だと、お子さんと1週間に1度しか合わないので

今日はいい顔しているな

今日は疲れているな

今日は頑張りすぎになってるな

といろんな状況が見えます

分かりやすいのは

表情筋の変化でお子さんの大体の状態がわかります

ただお子さんの性格によっては

わかりにくいお子さんんもいます

特に性格の強いお子さんは顔には出にくいことがあります

次に行動の変化を見ていきます

そうするといろいろ見えてきます

少し頑張りすぎが見えると

お母さんにお話しする様にしています

これも難しく

素直に受けてくれるお母さんと

うちの子は大丈夫と思いたいお母さんに分かれます

しっかり耳を傾けていただければ

お母さんにもきっとお子さんの状態がわかるようになると思います

まず1歳くらいにしっかりダダコネの原理と対応の

基本を学んでもらいます

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーおよびラインでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松駅前教室・浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ラインからの申し込みの方、幼児コース入室時特典あり

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

勉強会を個別に変えたら、落ち着きがあり伸びるお子さんが増えています

最近、通室年数が長くなっています

普通に10年以上通っていただいています

最長で17年なんてお子さんもいます

やはり、幼児期の勉強会を個別にすることで

お子さんに合った指導ができるようになったようです

そのために

幼稚園でも、先生の話をしっかり聞いて

すぐに行動がとれると褒められるようです

小学生も落ち着いてレッスンを受けられる生徒が増えています

小学校でも落ち着いているようです

小学校高学年で伸びるお子さんが増えています

伸びるお子さんを育てるには

幼児期の大切さを痛感しています

特に3歳までの「ダダコネ期」の

対応がうまくいったお子さんが

落ち着いたお子さんになって伸びています

ダダコネの付き合い方は特に力を入れて

ご指導しています

一人一人のお子さんに合わせた指導で

お母さんたちの理解力が増しているようです

これからも続けていきたいと思います

そんな勉強会しています

勉強会とラインをうまく使っていい子育てをしましょう

勉強会は、個別でひらています。

メールやメッセンジャーおよびラインでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松駅前教室・浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

ライン登録下記からできます

ラインからの申し込みもできます

ラインからの申し込みの方、幼児コース入室時特典あり

ライン登録

https://line.me/R/ti/p/zasp6qkFcx

体験申し込みはここからもできます

 

意外とお子さんの心と、お母さんの心(願望)の区別が難しい

やっぱり泣かない子がいい子だと思っている

本当かな

泣かないのは楽だよね

なぜお子さんは泣いているのかな

泣くのは可哀想だから

あやして、物で釣って、気分を変えて

じゃあ泣きたい気持ちどこいったのかな

本当は可哀想じゃなくて

お母さんの「心が苦しいよ」じゃないのかな

自分がイライラして怒れたり泣けたりしている時

泣かないようにご機嫌取ってきたらどうだろう

勉強会でそんな質問をすると

みなさん「怒れる」とおっしゃいます

「それをお子さんにやっているんですか」

と聞くと「そうですよよね」とわかってくれる

「そんな時、そうそうと言ってか無言で寄り添ってもらったらどうだろう」

というと「そうですね」と返ってくる

多分お子さんも優しく寄り添ってもらいたいだけじゃないのかな

泣いて暴れたり怒ったりしていると嫌がっていると逃げてしまうお母さんも多い

「お母さんが怒れて、ご主人に思いっきり愚痴こぼしている時

ご主人が自分の前からすっといなくなったらどう思いますか」

と聞くと「いやだ」とおっしゃる

「でも自分はお子さんにしているよ」というと

「そうですね」と返ってくる

気持ちは

特にに人の気持ちは難しい

もっとお子さんの気持ちは難しい

難しいのは、どうしてもお母さんの願望が入ってしまうから

自分の前でいい子でいてほしい

自分の前で言う事を聞く子であって欲しい

泣かない子であって欲しい

そうすると自分の子育てはうまく言っていると思えるから

でも実際は

お母さんの前で大泣きできる子

お母さんに怒りをぶつけることができる子

時々言う事聞いてくれない子

の方が、親子関係が良かったりする

もちろん切れてそうなっている子は

無理しすぎている子ですけど

性格が強い子と弱い子でも違いますが

お子さんお性格によっても変わりますが

自分の本当の姿を、お母さんの前で自由に出せるお子さんが

伸びるお子さんになるのになと思います

今まで教えてきてそんなお子さんが自然に伸びています

当たり前に、吸収して理解してできてしまう子になっています

だから、出来る出来ないの意識がない

分かるのが当たり前だから

だから挫折で逃げない

いい子させられてきたお子さんは

挫折した時確実に言い訳して逃げるお子さんになっています

なかなか自分の子さんがどんな状態かは

願望が入るので見間違っている方が多いですね

それを紐解く勉強会をしています

勉強会は個別で開いています。

幼児教育(特に右脳)に興味のある方は、

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みはここからもできます

 

否定は意固地を肯定は素直を生む

19年以上多くのお子さんを見ていると

いろんな事が分かってくる

それはダメ、

こうしなさい

何でできないの

遅いわね

街でもよく聞く言葉です

聞いてる私も

心がいたくなります

お子さんたちの心も

もっと痛くなっています

どうせ僕なんか

何もできないよ

どうせ僕は

何やっても遅いよ

僕はできなくていいんだ

お母さんは僕のこと嫌いなんだ

お母さんは僕のこと信頼してないんだ

と勘違いしていく

お子さんの自尊心を傷つける言葉を言うと

自分の心を守るため

反発心が生まれます

初めから

頑固なお子さんはいません

意固地なお子さんもいません

お子さんの防御反応です

ちょっと言葉を変えると

今日いつもよりできたね

今日頑張ったね

きっとできるようになるよ

それはいい事かな?

やっていいのかな?

判断はお子さんに任せます

なぜよくないか

なぜやってはいけないか

一回だけ説明します

でも判断お子さんに任せます

出来たら

よくできたねと褒めます

正しい行動ができたらほめます

外だったら

うまく判断できないとき

やりたいねと共感しながら

その場から離れます

あくまでもお子さんの

自尊心を傷つけないやり方をします

お母さんとの信頼関係ができ上っている子は

素直に分かります

反抗期に入っていると

また違いますが

年齢によって

しつけの仕方を変えましょう

一度やってみてください

こんな勉強会よくやっています

勉強会は個別で開いています。

幼児教育(特に右脳)に興味のある方は、

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みはここからもできます

 

何となく子育てに迷っているお母さんが多いようです

勉強会をしていると

最近気づいたことがある

子育てをしていて

なんとなく違和感を持って

子育てをしている

そんな方が意外に多い

よく聞くと

子どものころ

お父さんもお母さんも忙しく

遊んだ記憶がない

勉強ばかり厳しくて

勉強をさせられた記憶しかない

自分は、そんな子育てはいやだ

と思いながら

気が付くと

同じような子育てになっている

負の連鎖ですね

なかなか抜けるのは難しい

頭ではわかっていても

ついついイライラして

口うるさくなっていたり

命令になっていたり

本当は見守るのが大事と

分かっていても

なかなか難しい

一度お子さんの真似して遊んでみたら

きっと、子どものころそうしたかったんじゃないかな

一日、何やるか

黙ってみてみたら

結構面白かも

こうしよう、こうなって欲しいじゃなくて

どうなるのかな

どう成長するのかな

何して欲しいのかな

愛情を伝えるのもうまく分からない

そんな時、抱きしめて

ほめればいいんだよ

いけないことしたら

やりたい気持ちを共感して

怒らず止めて

説明を一回して

後は、やりたい気持ちを

共感して

おさまるまで抱っこしてあげればいいんだよ

きっと

愛情伝わるよ

ちょっと試してみて下さい

勉強会は、個別でひらています

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みはここからもできます

 

心配は、悪循環しか生まない、まずお子さんを信じる事ですよ

どうも勉強会や質問を答えていて気になることがある

お母さん自身が厳しく育てられている方が増えている

共通しているところがある

どっか自信がなくて虚勢を張って生きてるように見える

周りの目が気になる

いいお母さんにみられているか

いいお子さんにみられているか

周りのお子さんと比べて何か劣ってないか

自分が嫌だったからそうしないように子育てしようと思って

いつの間にか気づかないうちに同じ子育てをしている

そんなお母さんが増えているような気がする

そんなお母さんは一生懸命子育てをしている

だから余計に、これでいいのかな

お子さんの様子を見て私は間違っている子育てしているのかな

どうもマイナス思考に入っていく

いつも言っているのは

お子さんの成長には個人差があるよ

それぞれ個性があるから得意不得意はみんな違うよ

どんなに悩んでも

お母さんができる事は

愛されている自信を付けてあげる事

たぶんお母さん自身が一番欲しかった事かなと思えることもある

たくさんほめてあげる事

出来た出来ないではなく

やろうとする気持ち

頑張ろうとする気持ちをほめる

後は、出来る出来ないにこだわらない

大量な情報をあげる事

そのくらいしかないから

お母さんは、お子さんを信じて見守ってあげたら

きっとお子さんもお母さんも楽になるよ

きっと何でもできる子

自分で解決できる子になるよ

勉強会は個別で開いています

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みはここからもできます

 

お子さんの気持ちに共感しようと言うと、いつの間にか言いなりになる方がいる

お子さんの気持ちを考えて

共感しようとお話していると

お子さんの好きかってさせてしまう方が見受けられる

お子さんの気持ちが分かる事と

自由にすることは違いますよ

3歳ぐらいまでは、自由は多めでいいのですが

あまり自由ににすると生活が成り立たなくなったり

実はダダコネでしていることが

ダダコネが成立しないのでエスカレートしているだけの時もあります

あくまでも共感(気持ちは分かってあげる)でもできないことはできない

でいいのです

「やりたいね、やりたいね、でも今はできないね」

でいいのです

お母さんに理解してもらえるだけで

あと少しダダコネするだけで良かったりします

うまく導かないとただのわがままなお子さんが

小学生ぐらいで出来上がります

怒られ慣れた要領のいいわがままなお子さんほど

大変になります

幼児期うまく共感して

うまくダダコネに付き合って

しっかりいい悪いを教えてあげて

十分な情報をあげれば

小学生以降、楽ですよ

勉強会は個別で開いています

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みはここからもできます

1歳2歳でもういい子してるのっておかしくない

いろんなお子さんを見ていて

不思議に思うことがある

もう、0歳1歳2歳で

とってもいい子のお子さんが増えている

また反対に全く制御不能お子さんが増えている

多分原因は同じだと思う

まだ、感性で動いている時期

いっぱいいたずらして、経験する時期

何がいい子か、分かってないはずだよね

でも、いい子が増えている

お母さんの期待に応えようと

お母さんの望みかなえようと

がんばっているんだね

もっとお母さんに

言いたいこと言っていいんだよ

うまく言えないよね

だから、もっとおこっていいんだよ

もっと泣いていいんだよ

もっと暴れていいんだよ

それを、お母さんがやさしく抱きしめて

聴いてくれるから

お母さんが疲れてくると

やさしく抱きしめてくれなくなる

だから、いい子しなくちゃいけないんだよね

でも無理しすぎると

爆発しちゃんだよね

それで、またお母さんを困らせてしまうんだよね

だから、もっと頑張らなくちゃ

またいい子頑張るんだよね

それが、負のループだよ

いっぱい怒って

いっぱい泣いて

いっぱいいたずらして

いっぱい抱きしめられて

いっぱいお話してもらって

いっぱい教えてもらって

それで成長するんだよね

勉強会も、個別でひらています。

メールやメッセンジャーでのリアルタイムでの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みはここからもできます

 

意外にお子さんが動作が遅いと悩んでいる方が多い

お母さんがそう思いだした時点で

動作が遅く見えてますね

というより、遅いと思いこんでる

だから遅い子が出来上がる

なぜ動作が遅いか考えてください

多分大きく分けると2つある

1つはほかのことに気を取られてやろうと思わない

もう一つは、次に何をするかわからない

お教室でもたまにいます

よく観察すると

まず、自分の世界に入り込んでいて

何も聞いていない

次何をするかいっても

どうしていいかわからず

周りの子を確認してから動き出す

なぜそんなお子さんが出来上がるか考えると

動作が速いお子さんは

明らかに次の行動がイメージ出来ている

当然いつもやっているのだから

分かっている

でも、小さいお子さんが分かっているかと言うと

経験が少ないからわからないのは当たり前

胎教をしたり、

0歳1歳からトレーニングしている子は

まずお父さんやお母さんがしていることを

しっかり観察しているから

けっこう小さくても

次の行動がイメージできる

でもそんなお子さんばかりではありません

お母さんは、もう当然頭の中に

行動イメージ出来ているから

お子さんが遅く見えている

始めてのお子さんは

観察して考えて行動しているから

そんな速いわけがない

自分でできないことも多い

そんなお子さんに

イライラしているお母さんは

「速くしなさい」や「遅いわね」と

つい言ってしまう

気の強いお子さんなら

それで負けん気が出るけど

大体は

僕は遅いんだ、出来ないんだ

なっていく

余計にどうしたらいいか混乱してくる

お母さんにおこられないいい子をしようと

けっこう余分なことしだして

余計に怒られる

こうするんだよといって

見守るとだんだん分かるようになるのに

だんだん速くなるのに

少し早くなったことを褒めると

やる気が出るのに

自分の世界に入っている子は

結構ストレス一杯で現実逃避してたり

動く元気がなかったり

幼稚園行きたくなかったり

そんなお子さんは

行きたくない気持ちを共感して

手伝ってあげればいいのに

きっとお母さんの愛情をもらって

元気になっていく

遅い速いを気にするより

分からないことは教えてあげる

頑張りを褒める

大変な気持を分かってあげる

やはりその頑張りを褒める

手伝ってあげ愛情を注ぐ

そんな対応を続けると

普通にできるようになるのに

速い遅いより

お子さんの心の元気の方が大切だよ

見て覚えれば

先のイメージが自然にわいて

なんでもできるようになるよ

気にすると所が違うような気がする

遅くするも速くするも

お母さんや周りの人の対応次第のような気がする

時々勉強会でも質問があるな

じっくり愛情と情報だけ注いで

もっといいところ見て育てましょう

勉強会は個別で開いています

メールやメッセンジャーでリアルタイムの質問にも

お答えしています

幼児教育に興味のある方

EQWELチャイルドアカデミー浜松西教室•浜松北教室に体験レッスンに来てみて下さい

体験希望の方は必ず予約してください

お電話でのご予約は下記から

℡ 053(449)1863

体験申し込みはここからもできます